牛すじ出汁で作るしっかり味のボルシチ

牛すじボルシチ
牛すじボルシチ

ビーツがお店に並びはじめたので、ボルシチを作りました。
牛すじの出汁も使ったしっかり味のボルシチになりました。

ビーツは飲む血液と言われるほど栄養価の高い野菜で、女性に嬉しい効果も沢山あります。
そんなビーツの詳しい栄養素についてはこちらへ。
飲む血液と言われる奇跡の野菜、テーブルビート(ビーツ)とは

材料

  • ビーツ 小3個
  • 牛すじ 300g
  • 玉ねぎ 1個
  • 人参 2/3本
  • キャベツ 3〜4枚
  • セロリ 1本
  • トマト缶 1缶
  • ローリエ 1枚
  • ネギの青い部分(牛すじの下茹で用)

調味料

  • コンソメ
  • 塩、胡椒

作り方

ビーツの下ごしらえ

ビーツの下ごしらえ
ビーツの下ごしらえ

ビーツは汚れをタワシで洗って皮のまま下茹でします。
皮のまま下茹ですることで、ビーツの真っ赤な色素を逃しません。

ビーツが被るくらいの水で20〜30分茹で、そのまま冷まします。
しっかり下茹でできていると、親指でグッと押すだけで綺麗に皮が剥けます。
皮を剥いたビーツは短冊切りにしておきます。

牛すじの下ごしらえ

牛すじの下ごしらえ
牛すじの下ごしらえ

牛すじは食べやすい大きさに切って下茹でします。
牛すじが被るくらいの水で茹で、アクを取ってから、ネギの青い部分を入れて圧力鍋で10分ほど茹でます。
茹でた時の茹で汁はそのまま使うので取っておきます。

玉ねぎ、野菜を炒める

キャベツは千切りより太めに切って、人参は短冊切りに、セロリは細かく切ります。
玉ねぎは細めに切って、あめ色になるまで炒めます。
玉ねぎが良い色になったら、ビーツ以外の野菜を加えてしんなりするまで一緒に炒めます。

牛すじと野菜を煮込む

ビーツを煮込んでいく
ビーツを煮込んでいく

鍋に牛すじと炒めた野菜、ビーツ、牛すじの茹で汁、裏ごししたトマト缶を入れて煮込んでいきます。
この時、ローリエも加えておきます。
塩コショウ、コンソメで味を整えて完成です。

ブログランキング
ぽちっとイイネ・応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

フォローする