タルト生地『パート・シュクレ』のレシピ

今回はフルーツのタルトなどに使う、タルト生地『パート・シュクレ』の作り方を紹介します。

タルト型の焼き型に敷いて焼くのはもちろん、クッキーのように型抜きをして焼いて、その上にクリームやフルーツを載せても可愛らしく仕上がります。

タルトの生地は水分量(卵)が少ないので、砂糖には溶けやすい粉糖を使います。

特にパート・シュクレは砂糖の量が多いので、溶けやすいように卵は全卵を使います。

タルト生地の種類と特長

パート・シュクレ

ビスケットのような甘さと、硬めのサクサク感が特徴のタルト生地です。

バター(脂肪分)よりも糖分の割合が多く、カリッと仕上がります。

カスタードやクレームダマンドなど、クリームを使うタルトに向いています。

パートサブレ

パート・シュクレとは逆で、バター(脂肪分)より糖分の方が割合が多いのが特徴です。

たっぷりと入っているバターによって、サクサクとした軽い食感のタルトに仕上がり、バターの香りもしっかりと味わうことができます

パートブリゼ

甘みの少ないさっくりとした触感のタルト生地です。

型に敷く生地という意味のタルト生地で、脂肪分と糖分が少ない硬めの生地です。

アパレイユを入れるタルトに向いていて、キッシュやショコラタルトなどに向いています。

(※アパレイユ:混合生地、流動状の生地(たね)のことを言います。牛乳や粉、バター、卵など数種類の材料を混ぜ合わせたものです。)

タルト生地『パート・シュクレ』のレシピ

18cmタルト型 2台分です。

【材料】

  • バター:125g
  • 粉糖:100g
  • 卵:1個
  • 薄力粉(ふるっておく):250g
  • 塩:ひとつまみ

【ワンポイント】

バターと卵は室温に戻しておきましょう。

【作り方】

  1. ボウルにバターを入れて、泡立て器でクリーム状になるまで混ぜます。
    タルト生地パートシュクレ
  2. ①に塩ひとつまみと粉糖を2~3回に分けて加え、白っぽくなるまで混ぜます。
    タルト 作り方
  3. ②に割りほぐした卵を2~3回に分けて加え、その都度よく混ぜます。
    タルト生地 レシピ
  4. ③に薄力粉の1/3程度の量を加えて混ぜてから、残りの薄力粉を加えゴムベラに変えて切るように混ぜます。
    パートシュクレ レシピ
  5. ④の生地を丸く平らになるようにまとめて、ラップに包んで冷蔵庫で30分以上休ませます。(18cmのタルト型で焼く場合は2つに分けておくと、あとで使いやすいです。)
    タルト生地 パート・シュクレ レシピ

【焼き方】

まずオーブンを180℃に温めておきます。

・18cmタルト型で焼く場合

  1. 30分以上休ませた生地をのばして、18cmのタルト型にしき、フォークで穴をあけます。タルト 焼き方
  2. ①の上にクッキングシートを載せ、その上に重石をのせます。タルト レシピ
  3. 180℃のオーブンで15分焼き、クッキングシートと重石を外してさらに10分~15分焼きます。

・クッキーのように型抜きをする場合

  1. 30分以上休ませた生地を3mm程度の厚さに伸ばし、クッキー型などで型抜きします。
  2. フォークで軽く穴をあけたら、180℃のオーブンで10分~15分焼きます。

焼き上がったタルトに、生クリームやカスタード、フルーツなどをのせて完成です。