重石なしで作る自家製梅干し

前回は、重石を使って小粒の梅干しを漬けたのですが、

大きい梅も漬けたかったので今回は重石なしで作ってみることにしました。

梅のアク抜き

まずは漬ける前日に梅のアク抜きをします。

寝る前にたっぷりのお水につけておくだけでOKです。

梅のあく抜き

アク抜きが必要なのは完熟していない梅の場合で、

完熟している梅を使う場合はアク抜きの作業はいりません

完熟の梅は黄色っぽくなっていて、熟していないものは綺麗な緑色をしています。

朝起きた時に水から上げてあげましょう。

ちなみに梅が小さい場合は3、4時間程度でも大丈夫なので、

その日のうちに漬け始めることもできます。

梅のヘタを取る

アク抜きが終わった梅のヘタを取っていきます。

つまようじを使って取ると簡単にヘタを取ることができます。

この時に梅が濡れているなら、ふきんなどで拭きながら作業していきます。

また、キズが多いものはカビが生えやすくなるので取り除いておくのが良いでしょう。

梅を漬ける時の塩の量

ヘタを取り終わった梅を保存用の瓶に入れていきます。

塩の量は梅1キロに対してカップ1杯です。

今回は2キロの梅なのでカップ2杯分の塩を使っています。

梅と塩が交互になるように重ねて入れていきます。

梅に塩をまぶす

この時、なるべく隙間ができないように入れるようにしましょう。

最後は塩でフタをするような感じにします。

重石なしで梅干しを漬ける

今回は、重石のかわりに水を入れたビニール袋を使って作ります

万が一、水が漏れてしまわないように2重にしたビニール袋を梅の上に入れて、

内側のビニール袋に水を入れていきます。

重しなし ビニール

だいたい1リットルから2リットルくらいの間で入れます。

梅酢があがるのを待つ

ビニール袋で重石をしたら、あとは梅酢が上がってくるのを待ちます。

小さな小梅の場合であれば、早ければ翌日にはしっかりと梅が隠れるくらいの梅酢が出てきます。

大きな梅の場合は1週間程度かかることもあります。

梅酢に梅が浸かることでカビを防ぐことができます。

そのため、完全に梅酢が上がってくるまでは少し出てきた梅酢を、浸かっていない梅にかけるようにする事でカビがくるのを防ぐことができます。

梅が隠れるくらいに梅酢が出れば、重石をはずしましょう

これで梅を漬ける作業は終わりです。

この後、梅雨が明けた頃に天日干しをします。

それまでは、ちょこちょこ様子を見ながら待つようにします(´◡`๑)

ブログランキング
ぽちっとイイネ・応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

フォローする