みょうがでサッパリ!苦みを抑えたゴーヤとワカメの酢の物

夏が旬のゴーヤを使った酢の物のレシピです。

しっかりと下処理をすることでゴーヤの苦味を抑えることができ、食べやすくなります。

みょうがを加えることで、よりサッパリとした味を楽しむことができます。

今回はみょうがの茎で作った甘酢漬けを使って作っていますが、普通のみょうがでも同じように美味しくできます。

>>みょうがの茎の甘酢漬けのレシピはこちら

…━…‥ 目次 ‥…━…

材料

2人分

  • ゴーヤ : 1/3本
  • ワカメ : 1枚
  • みょうが : 3個
  • 塩、砂糖 : それぞれ、ひとつまみ

【調味液】

  • 酢 : 50cc
  • 醤油 : 小さじ1
  • 砂糖 : 小さじ1
  • 水 : 大さじ1

作り方

  1. ゴーヤは薄く切って、塩と砂糖をひとつまみずつまぶして、よく揉み10分ほど置いておく。
  2. ワカメは食べやすい大きさに、みょうがは細く千切りにする。
  3. ボウルに調味液をすべて入れよく混ぜる。
  4. ゴーヤの水分を手でしぼり、ワカメ、みょうがと合わせて③のボウルに入れ、よく馴染ませる。
  5. 10分ほど置いて味をなじませたら完成です。

ポイント

ゴーヤの苦味を味わいたい場合は砂糖を加えずに塩だけで下処理をしてください。
ゴーヤを薄くきるのも苦味を抑えるポイントです。
みょうがは甘酢漬けにしたものを使っても美味しく出来ますし、色味もよりピンク色が加わって華やかになります。

ブログランキング
ぽちっとイイネ・応援お願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

フォローする